知って得する狭心症の情報ページ

狭心症は他の病気も合併する危険性のある恐い病気ですので早めの治療を行いましょう。

脳動脈硬化は脳梗塞などを引き起こす

脳動脈硬化の危険性動脈硬化は、血管に中性脂肪やコレステロールなどが溜まることで血流が悪くなることで起こります。この症状には、アテローム性動脈硬化・細動脈硬化・中膜石灰化硬化の3つがあります。
この中で一番多いのがアテローム性硬化で、高血圧や糖尿病、喫煙などで起こります。すると動脈内では、正常範囲を超えた圧力の血流が起こり、多くの負担が掛かってきます。すると、損傷した箇所を修復して更に強い血流にも耐えられるように防御します。この時、動脈に溜まったコレステロールなどの老廃物をお粥状の塊にして血管の内壁に付着させていきます。これを「アテローム」と呼びます。
アテロームができると、血管は非常に狭くなり血流が悪くなります。また血管強度は向上しますが、同時に血管は固くなり柔軟性を失います。血管は、より多くの血液を届けるため伸縮させて全身へと送っています。そのため、血管が固くなると新鮮な血液を届けることができなるのです。特に心筋に酸素を送る冠動脈や、脳の細動脈でアテローム性硬化が起こると、狭心症や脳梗塞などを引き起こすことになります。
狭心症は、冠動脈の硬化で心筋に十分な血液が送り届けられなくなり、虚血状態になることで胸部に激しい痛みが生じます。狭心症は心筋はまだ生きている状態ですが、冠動脈が完全に塞がれて血流が滞ると、心筋が壊死して心筋梗塞に発展します。
また、脳にある細動脈で同じことが起こると脳動脈硬化となり、脳梗塞などの原因となります。脳動脈硬化を発症すると、脳細胞が壊死する脳梗塞、細動脈が破れて出血する脳出血、動脈瘤が破裂するくも膜下出血などが起こります。
アテローム性硬化や脳動脈硬化などから起こる病気は、狭心症や心筋梗塞、脳卒中など、どれも死に直結するものばかりです。動脈硬化は生活習慣病の一つでもあり改善が可能なので、高血圧の方は特に規則正しい生活を送ることに心掛けましょう。